まとめれん 印刷・パソコン備忘録

印刷・DTPのお仕事に関すること。パソコンTips・Windows・Illustrator・Photoshopなど備忘録。プリントショップ・はんこ屋・印刷機・紙製品・年賀状・新製品・気になるニュース・下手糞なまとめを綴っていきます。

「印刷展示会PAGE2016」にて山櫻さんの名刺印刷機、新型デジカrev6の試作機がありました。


 印刷展示会のPAGE2016へ行ってきました!

top-image-01-5a23dbf01ce750cd50e688effedc43d6

先日、急に時間ができたので印刷の展示会に行ってきましたので、
その報告です。

PAGE2016(2016年2月2日~2月5日)
池袋のサンシャインコンベンションセンター

今年もやっているのは知っていましたが、
長いこと電車を乗り継いでまで行くのは面倒だなーと思いつつ
オンデマンド印刷だけは見に行くことにしました。

特に「株式会社 山櫻」の名刺印刷機デジカの新型が出展されて
いるとの話でしたので重い腰をあげてみました。


 一番興味があった名刺印刷機のデジカrev6の改良点

デジカは、山櫻さんのインクリボン式名刺プリンタの中で、マクサス(東芝Tec CI-200)亡き後も継続販売されている機種ですね。
試作機の外観は旧タイプと同じ形状でしたが、色が薬草色というんでしょうか
変に濁った緑色メタリックの塗装でした。(笑)

(配布されていたチラシ:クリックすると別窓で開きます)
digica6-fl

新型になり、主な仕様変更は以下のようです。
【新型デジカrev6の改良点】
■紙 厚:0.6mmまで対応
■印刷サイズ:3号サイズ以下も印刷可能
■印刷方向:4号名刺で例えると55mmの短辺側から給紙可能
同時に短辺サイズ(幅60mm位)のインクリボンも発売
■紙厚については、旧デジカが0.36mmでしたので紙の選択肢が大きく増えます。

■印刷サイズに関しては、チラシにも仕様が書いてありませんでしたが、
配布されていた印刷見本の最小サイズが39mmでしたので、こちらも進化しています。

(印刷見本:クリックすると別窓で開きます)
digica6-sample

■印刷方向について、旧デジカは4号名刺の91mm側から給紙していたので印字が斜行することもあった訳ですが、rev6は55mm側から給紙ができるようになっていました。
ロゴを浮き上げ加工した名刺などTEC CI-200(マクサス)のように安定して印字ができそうです。


 インクリボン印刷機は、各社撤退しているので頑張って欲しい

試作機ということで最終仕様の方向性は、もう少し先のような話しでした。
終了した「デジカEX」の良いとこ取りみたいな機種になるんですかね。
でもインクリボン式プリンタも廃れていく中で良く頑張っています。
何だかんだこの手の印刷機が無くなると困るんですよね~

あとマニアックですがリボン式は文字にテカリが無いのが何とも好きです。
たまにお客様からも上記の理由でインクリボン式を指定される方がいらっしゃいます。

ということで、気がすすまない展示会でも行ったら楽しいんですけどね。
(さぼり?)

よろしかったらワンクリックお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ










PX-B510(その4)高価なくせに山櫻YJ-G650の実力は本当にいいの?肝心の印刷性能を比較して見ました。

前回、前々回とEPSONのPX-B510ネタが続きますが

そのスジの方には興味津々の内容だと思います。

これがYJ-G650の実力です。
CIMG0346



なんて、もったいぶってたら山櫻さんでは

全部売り切れたそうです・・・・・(さようなら~)



amazonのPX-B510は値下がりしましたね。
2016年2月8日時点で7万8千円です!
でも高い!海外逆輸入じゃないかな?



取りあえず結果を報告します。

 外見は前回較べたので、肝心の印刷性能を比較して見ました。

YJ-G650は、PX-B510をベースに4号名刺サイズに直接印刷ができるように

カスタムしてあるのが良いところで、

印刷スピードは遅いけどPX-B510よりはとても綺麗に印刷することが

可能となっています。

以下のように、印刷品質の比較をしてみました。
※プリンタの印刷設定は以下のようにしました。
 
(1)PX-B510:普通紙設定、きれい(それ以外はデフォルト)
      用紙サイズ:64x127mm(G650のアダプタ使用)
※PX-B510だけは用紙サイズに4号名刺がないので、ユーザー用紙設定で55x127mmサイズを作り印刷しています。

(2)YJ-G650:YJ用紙設定、きれい(それ以外はデフォルト)
      用紙サイズ:4号名刺(付属のアダプタ使用)

(3)PX-B510(G650ドライバー):YJ用紙設定、きれい(それ以外はデフォルト)
      用紙サイズ:64x127mm(G650のアダプタ使用)
※これは裏技というかお遊びなのですが、YJ-G650のプリンタドライバを使ってPX-B510で印刷させています。
IPアドレスを指定すれば印刷はできます。ただし、「機種が違うよ」っていうエラーが出ますが無視してよし。

error_printer

これでB510なのに「YJ用紙」設定を選択して取りあえず印刷できます。

 (名刺アダプタ)
 YJ-adapter
 ↑ このアダプターは名刺を給紙時に、紙の中央に給紙ローラーが当たるよう位置をオフセット する為のものです。ローラーが紙の中央に来ないと、紙が斜行したり印刷がブレます。
また、このアダプタは給紙口の右側の紙押さえ(動かない側)に付けます。

以下のデータをそれぞれの4号名刺サイズに印刷してみました。

TESTデータ:
Illustratorデータ(CMYK)、貼込み画像300dpi、書体モリサワ リュウミン
TEST_data


印刷結果は、左が(1)PX-B510、中央が(2)YJ-G650、右が(3)PX-B510(G650ドライバ)となります。

■紙は山櫻の「ホワイトプリンス」(上質紙)
※画像はクリックで拡大します
Wプリ
YJ-G650の真価が一番発揮できる条件ですね。
白抜き文字の抜け具合、線の滲み、ファミリーイラストの目の表現など
全てにおいて良い結果です。
ただしMとR(金赤)の色味が近すぎて、色バランスが悪いです。
上質紙への印刷のため無理があるのでしょうか。


■紙は山櫻さんの「JET2004」(インクジェット用紙)
※画像はクリックで拡大します
JET

インクジェット紙にYJ用紙設定で印刷すると全体の色味が薄くなりました。
YJ用紙設定は無駄だったようですのでファイン用紙設定で刷りなおしました。

下記は、インクジェット紙にファイン用紙設定で刷った結果ですが、2機種とも優劣つけがたい結果となりました。また色のバランスも改善されました。

※画像はクリックで拡大します
JET2


■紙は山櫻さんの「やまと淡ねず」(特殊紙-和紙)
※画像はクリックで拡大します
淡ねず
表面が粗い紙なのに、PX-B510・YJ-G650共に意外とシャープな印刷結果でした。
もっと滲みがひどく読めないかと思いましたが予想外です。

(全体評価)
全体的な結果は、見てお解かりのようにPX-B510も負けてはいませんが、
YJ-G650の印刷品質はいずれの紙も素晴らしいものがあります。
白抜き文字の抜け具合、線の滲み、ファミリーイラストの目の表現など
PX-B510よりシャープでクリアでした。

これで印刷スピードがもっと速かったら申し分ないのですが、
名刺で1分間に1.5枚のスピードでは、最低3台は並べて
同時印刷したいところです。

PX-B510に関しては、上質紙ではYJ-G650より劣るもののインクジェット紙では同等性能でありました。
私としては上質紙の超特価名刺ならPX-B510でもギリギリ商品としても良い様な判断です。

(おまけ)
ところで今回のテストに、PX-B510はアダプタを付けて印刷しましたが、これは給紙中に紙が斜行したり印字が乱れないようにし、純粋に印刷品質を比較したかったから使用してみました。
実際、B510にはアダプタが付属しないので物真似して似たようなアダプタを作る必要があります。またはあきらめてそのまま印刷するとかでしょうか。

あと、お遊びでやったB510でG650のドライバを使う方法は、設定がいろいろ細かくて面倒くさいです。ここでは長くなるので説明しませんが、用紙設定や位置調整など聞きたい方はコメント入れてください。

そして、気になるアダプタの厚みは「9mm」です。
(アダプタを自作するなら知りたいでしょ?)←って、計算すれば解るw
参考にして自作してみてください。
ただし、ファームウェアとドライバの関係が違いますので、印刷のオフセット位置
は同じとは限りません。(意味深)


よろしかったらワンクリックお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ






PX-B510(その3)兄弟機PX-B510とYJ-G650の外見の比較をしてみました・・・・www


 エプソンと山櫻の兄弟機を比較してみました。

もともとは、エプソンからPX-B500、PX-B300が2008年に発売されて

■エプソン家
長男 PX-B500、長女 PX-B300
次男 PX-B510、次女 PX-B310

三男 PX-B・・・・・

という系図があります。

そこに、とても優秀なPX-B510に目をつけた山櫻さんは

養子に迎えて更なる鍛錬をさせたのがYJ-G650です。

■山櫻家
義兄弟 YJ-G650



 外見はメーカーロゴの違いだけですが、PX-B510とYJ-G650の比較を少し・・・・

事務所にはYJ-G650とPX-B510があるんですけれど

両機種の外観の違いは見てのとおりです。

中央のフタに付いている山櫻さんの銘板は立体ソフトシールに

なっていて少しお金がかかっていますね。

■PX-B510
PX-510label


■YJ-G650
YJ-G650label

でもYJ-G650製品名の銀シールは剥がすとその下にあるのは・・・・

うわっ!

CIMG0328

ちょっとビックリ。

もしかして中央の立体シールも剥がすと「EPSON」ってあるかも

まあ、そんなものでしょう・・・・(笑)


 外見は同じ、プリンタドライバはどんな感じ?

両機を所有しているから分かったことなんですが

プリンタドライバは、実はYJ-G650とPX-B510のどちらでも動きます。

つまり、、、、、、

PX-510を「YJ-G650のドライバー」で印刷できてしまいます。

PX-B510で「YJ用紙モード」が使えるかも!

\(^o^)/

これは、もしかしてYJ-G650を買わなくても

そこそこ綺麗な印刷が手に入るってことかもです。

次回は、そんな気になることを検証してみて

印刷品質を比較してみます。




よろしかったらワンクリックお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ










PX-B510(その2)ハンコ屋やプリントショップに最適な安いプリンタはPX-B510だけどYJ-G650もお忘れなく。

PX-510label

 名刺印刷に最適なPX-B510だけど、価格高騰でもう買えないならば・・・

前回お話したPX-B510の生産中止による価格高騰はまだ続いているようです。

前回の記事:年賀状印刷に最適なインクジェットプリンタ PX-B510が突然エラー停止になったのでエプソンサポートへ聞いてみました。

中古で8万円、ジャンクでも5万円などというビックリ価格ですが

PX-B510の改造機であるYJ-G650が山櫻さんで販売されています。

山櫻のYJ-G650は実売14万円くらいです。

amazon価格と較べたら即買いですが、ちょっと悩む価格帯ですね・・・

しかし!!B510の生産中止を受け、YJ-G650も生産中止のアナウンスが

山櫻から出ていますので購入を急いだ方がいいみたいです。

■山櫻さんからのアナウンス内容

品名:カードメイトYJ-G650
販売:2016年3月31日まで(但し在庫なくなり次第終了)
※ 後継機種の販売予定はありません

山櫻HP http://www.yamazakura.co.jp/


・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・

などとブログを書いていたら、山櫻さんの在庫は昨年(2015年)で

すでに無くなり完売してたそうです!

・・・が、追加生産で2月に50台が再入荷するそうです。

これが無くなるとホントに絶版ということです。

これも、プレミア付くのかな・・・・

エプソンPX-B510ならこちら↓



よろしかったらワンクリックお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ





記事検索
アーカイブ
管理人へメッセージ

名前
メール
本文
凸凹活版印刷ch
CM







【PR】ほしい商品も報酬も両方ゲット!A8.netのセルフバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
楽天市場
Kindle
★ブログランキングに参加してます
  • ライブドアブログ