エプソンと山櫻の兄弟機を比較してみました。

もともとは、エプソンからPX-B500、PX-B300が2008年に発売されて

■エプソン家
長男 PX-B500、長女 PX-B300
次男 PX-B510、次女 PX-B310

三男 PX-B・・・・・

という系図があります。

そこに、とても優秀なPX-B510に目をつけた山櫻さんは

養子に迎えて更なる鍛錬をさせたのがYJ-G650です。

■山櫻家
義兄弟 YJ-G650



 外見はメーカーロゴの違いだけですが、PX-B510とYJ-G650の比較を少し・・・・

事務所にはYJ-G650とPX-B510があるんですけれど

両機種の外観の違いは見てのとおりです。

中央のフタに付いている山櫻さんの銘板は立体ソフトシールに

なっていて少しお金がかかっていますね。

■PX-B510
PX-510label


■YJ-G650
YJ-G650label

でもYJ-G650製品名の銀シールは剥がすとその下にあるのは・・・・

うわっ!

CIMG0328

ちょっとビックリ。

もしかして中央の立体シールも剥がすと「EPSON」ってあるかも

まあ、そんなものでしょう・・・・(笑)


 外見は同じ、プリンタドライバはどんな感じ?

両機を所有しているから分かったことなんですが

プリンタドライバは、実はYJ-G650とPX-B510のどちらでも動きます。

つまり、、、、、、

PX-510を「YJ-G650のドライバー」で印刷できてしまいます。

PX-B510で「YJ用紙モード」が使えるかも!

\(^o^)/

これは、もしかしてYJ-G650を買わなくても

そこそこ綺麗な印刷が手に入るってことかもです。

次回は、そんな気になることを検証してみて

印刷品質を比較してみます。




よろしかったらワンクリックお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ