まとめれん 印刷・パソコン備忘録

印刷・DTPのお仕事に関すること。パソコンTips・Windows・Illustrator・Photoshopなど備忘録。プリントショップ・はんこ屋・印刷機・紙製品・年賀状・新製品・気になるニュース・下手糞なまとめを綴っていきます。

Windows10

Windows10は、プリントショップやハンコ屋で仕事に使えるのか?(その3)Photoshop CS2起動エラー対策

windws10のコピー

Windows10は、プリントショップやハンコ屋で仕事に使えるのか?(その3)
虎の子のPhotoshop CS2の起動エラー対策
Windows10でPhotoshop CS2が起動しなかった時にやること。(覚書)


Windows XPに少しずつ別れを告げながらWindows10へ移行しているのですが、社内所有しているPhotoshopはバージョン7とCS2しかありません。

虎の子のPhotoshop CS2をWinXPからWin10へ移行し、インストール後に起動するとコンピューターが動作停止しましたと「終了」しか選べない問答無用の状態になります。

CS2がstop!

CS以前バージョンならまだしも、Photoshop CS2が
まったく動かんとは何ということでしょうか!
Photoshop7でさえ取りあえず動くのに・・・・





続きを読む

ブラザーの旧スタンプクリエータ SC-2000をWindows10のUSB接続で動かす。(覚書)

Brother SC-2000


 今更、Windows10で旧タイプSC-2000を使ってみた。

シヤチハタ替わりの浸透印といえばブラザースタンプですが
自社のスタンプクリエータ SC-2000USB黒銀カラーを
一時貸し出ししたので
お古のスタンプクリエータ SC-2000(初代モデル)青白カラーの
タイプをWindows10(32bit)PCにUSB接続する必要がでました。
以下は、その覚書(雑談込み)になります。

また、Windows7からいつのまにかWindows10になっちゃった人にも
ブラザーSC-2000の再設定に役立つかもです。




続きを読む

Windows10は、プリントショップやハンコ屋で仕事に使えるのか?(その2)

Windows10は、プリントショップやハンコ屋で
仕事に使えるのか?(その2)です。
kw4wZm4gWM

相変わらず日々パソコンと格闘しています。

前回は「Illustrator10」をWindows10へインストール出来て、

過去データをいじくったり、データの作成で支障はありませんでしたが

やはりというか、印刷となるとそうはいきませんでした。



<以前の記事はこちら>
Windows10は、プリントショップやハンコ屋で仕事に使えるのか?(Illustrator10編)

◎検証に使っているパソコン

パソコン:Lenovo ThinkCentre
Core2duo E6550 2.33GHz
OS:windows10 pro 32bit
メモリ1GB(すくなっ!)
※コンパクトでパラレルも使えるので古いプリンタと相性が良いです。

モニター:DELL E177FP

 Windows10で、Illustrator10は1枚しか印刷ができない?(またか・・・・)

Windows7の時も同じでしたが、印刷が1枚しか出力されないという

問題がWindows10でもありました。

ということは、印刷が100枚だったら、Ctrl+Pを100回しなければいけません。(笑)

何回、Ctrl+Pをしたか判らなくなりそうです。

印刷屋さんとしては、致命的な欠点ですが、今のところの解決策は

PDFに変換して印刷する方法です。

これはWindows10に対応しているんだから当たり前か・・・・


 じゃあWindows10で、Photoshop7は1枚しか印刷ができないの?

Illustrator10といえば、次に使用頻度が高いのはPhotoshop7でしょう。

当然の疑問ですから確認してみました。

XP時代のアプリケーションですがインストールに関しては同じように簡単に終わりました。

起動させてみましたが、特に変な感じはありません。

適当なJPGデータを開いて印刷してみました。

取りあえず、13枚印刷。

おや!問題なく13枚印刷されました!(一安心)


ところが、、、、変な現象が!

新規データを作ってみたところ、普通は真っ白なウィンドウが出来るはずですが、

黄ばんでいる?

間違いありません。

なぜか白い背景のキャンパスが薄っすらクリーム色に見えます。

インターネットから画像をダウンロードして見てみます。

ダウンロードした画像をPhotoshopで開きChromeのウインドウを並べてみました。


マネジメントなしのコピー


Photoshopで開くと白がクリーム色になっているのがはっきり判ります。

カラープロファイルをいじってみます。

・カラーマネジメントなし
・Adobe RGB1998
・Apple RGB
・Collar Match RGB
・sRGB

全て同じく黄ばみました。(とほほ)

次にモニターのプロファイルを使います。

・Dell E177FP G2.2 D65


pro-e177


おぉ!これは背景が真っ白になります。

が、、、、白いところの配色を見るとCMYKは、C8、M1、Y0、K0。

RGBは255、255、255となっています。



E177白が色ありのコピー

モニター画面上は白く見えても、データー上は白くないということなんでしょうか?

うーーーーーーーーん。
(困)

ダウンロードした画像をWiondows10のPhotoshop7で保存し、

WindowsXPのPhotoshop7で開くときちんと背景は白でした。

モニター画面ではクリーム色に見えるだけでデータは正しいということみたいです。

またまた、うーーーーーん。(困)



 Photoshop7のドツボにはまりました・・・・(泣)

印刷枚数は、設定どおりの枚数が出来て喜んだものの、

モニターでは、白の色味が黄ばんでいては折角のPhotoshopが意味なしです。

ちなみにWin10のPhotoshop7で新規作成した白い画像(つまり黄ばんだ画像)

もWindowsXPのPhotoshop7で開いたら、やはり正しく白い画像で表示されました。

こちらもネットからダウンロードした画像と同じ結果でした。

もうWindows10でPhotoshop7を使ってレタッチなんか出来ませんねぇ。

OSとモニターの相性なのか、、、なんなのか、、、、

よく訳わかりません・・・m(--)m



 私の環境ではPhotoshop7は残念ながら使えない

最終的にはGoogleで「Photoshop 白がクリーム色」で検索すると

やはり同じような方がいましたが、この問題を解決できた話は

出て来ませんでした。

自分の場合、Windows10にPhotoshop7が正式に対応していないと

いうことで取りあえずこの件は諦めます。




 Photoshop7もフォント設定に文字化けを発見。


最後に、画像の黄ばみを調べているうちに気がついたのですが

フォント設定のフォント名が文字化けしている箇所を発見しました。


font


フォントリストを見比べながら調べると

やはり「MSゴシック」「MS明朝」
「MSPゴシック」「MSP明朝」のようです。

Illustratorと違って透明にならずに入力はできるのですが、、、、ご注意ください。




よろしかったらワンクリックお願いいたします


ブログランキング・にほんブログ村へ









Windows10は、プリントショップやハンコ屋で仕事に使えるのか?(Illustrator10編)

イラレキス

Windows10は、プリントショップやハンコ屋で仕事に使えるのか?

少ない機器を駆使して運営している小さなショップには
こういったバージョンアップは余計な手間と苦労、挙句に出費と
良いことがありません。
取りあえず参考になるかもしれないので記録に残しておきます。

 テストに使うパソコンスペック
ベースになるマシンは、WindowsXPマシンをwin7にアップグレードして
更にWindows10にアップグレード済です。
パソコン:Lenovo ThinkCentre
Core2duo E6550 2.33GHz
OS:windows10 pro 32bit
メモリ1GB(すくなっ!)
※コンパクトでパラレルも使えるので古いプリンタと相性が良いです。

 Adobe Illustrator10編(13年前のソフト!)

こういう仕事をしている人なら必須のIllustratorですが、
しかもバージョン10(2002年発売)をインストールしてみます。
かなり熟女ヴィーナスですが、いまだに主力なんです!
 :
 :
 :
特に問題無く、すんなりインストールは終わりました。
どうにかフレッシュマンが熟女を受入れてくれたようです。
起動してテスト用のファイルを開いて見ます。
しかし・・・・・
案の定、画面上にMSゴシック、MS明朝、MSPゴシック、
MSP明朝のテキストが表示されません。


文字化けのコピー


でも入力したテキストは、選択するとそこにあることが分かります。
ツール文字設定のフォント名も文字化け状態です。
この現象はWindows7にIllustrator10をインストールした時と
まったく同じですね。

 参考:以前の記事
【超簡単!これで安心】Illustrator10.0.3をWindows7(32bit)で使う方法です

まぁ、駄目もとで前回のWindows7と同じようにやってみます。
特に難しい作業ではありません。
作業内容は上の「以前の記事」を参照してください。

文字化け解消のコピー


結果、指定のMSフォントを同じようにコピーしたらすんなり
出来てしまいました。
MSフォントの表示もおかしくないですし、フォント名も
きちんと出ています。
過去のデータを開いても不具合は無いようです。


 結論:Adobe Illustrator10は使えるかもしれない!

インストールが出来て、フォント表示の問題も解決できました。
私は検証しながら気をつけて使ってみます。

私みたいに商売で使う方は、何が起きるか判りませんので
自己責任で使いましょう。


次は、Adobe Photoshop7の予定です。



よろしかったらワンクリックお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ




記事検索
アーカイブ
管理人へメッセージ

名前
メール
本文
凸凹活版印刷ch
CM







【PR】ほしい商品も報酬も両方ゲット!A8.netのセルフバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
楽天市場
Kindle
★ブログランキングに参加してます
  • ライブドアブログ